『しろくまフリーランス』は、現役フリーランス運営の「個人を豊かにする情報発信メディア」です。

デジタルハリウッドスタジオ by LIGの評判・受講料【WordPressブログで稼ぐ方におすすめ】

Webクリエイター育成に超特化したスクール

デジタルハリウッドスタジオ by LIGの概要

おすすめ度 ★★★★☆
学習スタイル 教室への通学

コース一覧

詳しくはコチラ

1. Webデザイナー専攻
2. Webデザイナー専攻 + WordPress講座 
3. Webプログラミング専攻
4. ネット動画クリエイター専攻
教室の場所
上野校
東京都台東区小島2-20-11 LIGビル
池袋校
東京都豊島区南池袋1-19-12 山の手ビル東館6階
営業時間 平日 10:00 – 22:00
土日 10/00 – 20:00
※月曜は上野校を自習室として利用可
 池袋校は不可

プロクリエイター集団のLIGが講師

『デジタルハリウッドスタジオ by LIG』は、Web制作のプロ集団LIGのノウハウが凝縮されたプログラミングスクールだ。 講師を務めている株式会社LIGは、新進気鋭のWeb制作会社。他社とは一線を画すオリジナルコンテンツを制作している。

実際にLIGが運営するメディアをご覧いただけば、彼らのコンテンツが読者の求めている情報をきちんと届けながら、腹を抱えて笑ってしまうようなコメディ要素があることに驚くだろう。

参考 LIGのブログLIG

くますた

つまり、『デジタルハリウッドスタジオ by LIG』では、LIGブログを中心に培われたウェブコンテンツの制作ノウハウを肌で体感できるのだ。

Web制作に必要な汎用スキルが学べる

『デジタルハリウッドスタジオ by LIG』が他のスクールと違うのは、Web制作に特化している点だ。 私もフリーランスのWebディレクターをやっているが、実際のウェブ制作現場で求められるのはコーディングだけではない。

  • ペルソナ設定(誰に向けたコンテンツなのか?)
  • ヒアリング力(顧客の言葉から意図を汲み取る力)
  • 要件定義(ヒアリングした内容を機能に落とし込む)
  • ディレクション力(人を動かしてスケジュール通りに完成させる)

など、挙げていけばキリがないほど、どんなWeb制作プロジェクトにもこういったポータブルスキルが求められるのだ。

『デジタルハリウッドスタジオ by LIG』では、ウェブ制作プロジェクトをゼロから完成までを実際に行う経験を通じて、これらの汎用スキルを学ぶことができる。

くますた

コードを書く力だけでWebコンテンツをつくることはできない。ブランディングや人を惹きつけるコンテンツアイデアなど、クリエイターにはいろいろなスキルが求められる。 このスタジオでは、WEB制作のプロフェッショナルになるためのスキルセットを身につけることができるだろう。

動画制作のプロを目指せるスクール

『デジタルハリウッドスタジオ by LIG』では、動画コンテンツの制作ノウハウを学ぶコースが用意されている。当ブログでご紹介している他スクールにはないコースで、Youtubeを活用してビジネスをつくりたい人などにおすすめだ。

デジタルハリウッドスタジオ by LIGのコース一覧

それでは、『デジタルハリウッドスタジオ by LIG』のコースについて解説しよう。
2019年11月時点で、コースは全部で4つだ。

  1. Webデザイナー専攻
  2. Webデザイナー専攻 + WordPress講座
  3. Webプログラミング専攻
  4. ネット動画クリエイター専攻

コース料金と学習内容

コース名 料金 主な学習内容
①Webデザイナー専攻 450,000円
(6ヶ月)
1. Webデザインの基礎スキル
2. コーディング(HTML/CSS/JavaScript)
3. デザイン概論
4. ユーザビリティ概論
5. Webメディア編集
②Webデザイナー専攻
 WordPress講座付き
528,000円
(8ヶ月)
①の講座
7. WordPress講座
③Webプログラミング専攻 450,000円
(6ヶ月)
1. Adobe photoshop
2. HTML/CSS/JavaScript
3. WEBページ、WEPアプリ制作
④ネット動画クリエイター専攻 300,000円
(3ヶ月)
1. 企画・シナリオライティング
2. 動画マーケティング
3. モーショングラフィック
4. Adobe illustrator/photoshop
5. Adobe After Effects Premiere
6. Cinema4D Lite
7. Davince Resolve Lite

Webデザイナー専攻

「Webデザイナー専攻」は、その名の通りWebデザイナーを目指したい方におすすめなコースだ。
月額75,000円の受講料で、現役クリエイター集団LIGの制作ノウハウを学習できる。

Adobeのフォトショップやイラストレーターを使ってデザインの基礎を学んだ後は、考えたデザインをWebに反映されるコーディングスキルを実践形式で学習していく。

実際に作成されたウェブサイトは以下記事でまとめられているぞ。

参考 デジハリで学んだ社会人学生が制作したWebサイトLIGブログ
主な学習内容

1. Webデザインの基礎スキル
2. コーディング(HTML/CSS/JavaScript)
3. デザイン概論
4. ユーザビリティ概論
5. Webメディア編集

「Webデザイナー専攻」がオススメなのは、

  • Webページやサービス制作を仕事にしたい
  • 高度なアフィリエイトサイトを作りたい
  • WEBサービスを活用した会社を起こしたい

という想いがある方でしょう。

Webデザイナー専攻 + WordPress講座

「Webデザイナー専攻」で学ぶ内容に加えて、WordPressを学ぶ講座が2ヶ月プラスされているコースだ。当ブログではWordPressアフィリエイトを推奨しているが、本気でワードプレスサイトを作りたい方にはおすすめだ。

8ヶ月で528,000円とかなり覚悟が必要な受講料のように感じるかもしれないが、「Webデザイナー専攻」との差額はたった72,800円。つまり、月額36,400円でワードプレスを学習できるわけなので、ブログアフィリエイトで稼ぐことを検討している方は、このコースのほうがいいかもしれないぞ。

Webプログラミング専攻

Webプログラミング専攻

「Webプログラミング専攻」では、高度なWebサービスを作るために必要なスキルを身につける。オリジナルのウェブアプリケーション制作を通して実践的なプログラミングスキルが学べるぞ。

主な学習内容

1. Adobe photoshop
2. HTML/CSS/JavaScript
3. WEBページ、WEPアプリ制作

くますた

Webアプリをつくるエンジニアになりたい方は、「Webプログラミング専攻」のほうがコーディングに特化したスキルが学べるのでオススメだ。

ネット動画クリエイター専攻

動画コンテンツ市場がどんどん成長していることは、Youtubeの浸透とともに肌身で感じられていると思う。「ネット動画クリエイター専攻」は、動画制作に特化したスキルを3ヶ月で学ぶコースだ。

まずは動画コンテンツの作り方として、

  1. 企画力
  2. マーケティング力

を身につける。

その後は、動画制作に必要な各種ソフトウェアの使い方を学ぶことで、動画クリエイターとして働くことを目指す。制作事例は以下だ。

くますた

これから先、動画がビジネスの主流になる時代は間違いなく訪れる。というより、すでに動画マーケティング時代に突入していると考えてくれていいだろう。

3ヶ月で300,000円という受講料のため、他コースと比べて安いのもポイントだぞ。

卒業生に聞いたLIGで学べてよかったスキル

ここからは、実際にデジハリグを受けた受講生にインタビューし、LIGで学べてよかったスキルをお届けする。

SEOを意識した記事の書き方

副業でライターをしていたので書くことには慣れているつもりでしたが、LIGではSEOを考慮した記事の書き方を学んでみると、それまでの自分の記事が恥ずかしくなるくらい、読み手のことを考えてなかったんだと思い知りました。

Webディレクターとしてのスキル

前職はホテル業界でしたので、Web制作と言われても何も分からなくて不安でした。

『デジタルハリウッドスタジオ by LIG』の「Webデザイナー専攻」では、Web制作の流れ、ディレクターの役割を教えてもらえました。Web制作プロジェクトをまとめるディレクターに必要なスキルとは何なのか、体系的に学べたのが良かったです。

コンテンツを映えさせるフォントの作り方

無料のプログラミングスクールでHTML/CSSを学んでいたのですが、コードは書けても、こなれたデザインが思いつくわけでもなく悩んでいました。

LIGの講義には、文字の見せ方を学ぶ講座があり、文字デザインの考え方や、効果的なデザインテクニックを教えてもらえました。コード以前に、まずはデザインの大切さも学べました。

デジタルハリウッドスタジオ by LIGの学習ステップ・転職

『デジタルハリウッドスタジオ by LIG』の卒業生は、LIGがお届けする3つの転職サポートが受けられる。

LIGへの引き抜き

驚くことに、講師陣を努めるLIGへ就職する道が用意されている。具体的な人数や職種については明示されていないものの、スクールで確かな実績を残したり、成長ポテンシャルを見いだせてもらえたら、転職できる可能性があるぞ。

気をつけよう!
LIGは民間企業なので、必ずしも常に採用活動をしているわけではない。どんなに実績を残せても、タイミング次第ではポストがないこともある。

LIG入学から卒業後のプロセス

STEP.1
無料相談会
そもそもプログラミングを知らない状態で最適なコース選びは難しいので、まずは無料相談会で、ご自身が目指すクリエイターまたはエンジニアとしての将来像を伝えてみて、最適なコースを選んでもらったほうがいい。
STEP.2
インプット
入学後は、LIGのノウハウをどんどん吸収していくフェーズだ。
STEP.3
アウトプット
学んだことを成果物としてアウトプットしていく。講師陣からのフィードバックを通して、何が足りなかったのか、そんな考え方があったのか、などを緊張感あふれる時期だ。
STEP.4
卒業発表会
発表会では、ご自身が作成した制作物をプレゼンテーション形式で発表する。どんな想いがあるのか、誰のどんな共感を得たいのかなど、実際のクライアントに提案するイメージだ。
STEP.5
卒業後
卒業後は、転職サポートや1ヶ月のブラッシュアップ期間を通して就職や独立を支援してもらえる。

無料説明会を受けてみよう

『デジタルハリウッドスタジオ by LIG』では無料説明会を実施している。実際の様子をLIGブログで公開してくれているので、ぜひご覧いただければ幸いだ。

参考 デジタルハリウッドSTUDIO by LIG個別説明会の模様をちょっとだけご紹介します!〜上野校編〜LIGブログ
error: