『しろくまフリーランス』は、現役フリーランス運営の「個人を豊かにする情報発信メディア」です。

【図解】GCPに構築したWordPressブログをサーチコンソールに登録する全手順

GCPに構築したブログをSearch Consoleに登録しよう【サチコ×Google Cloud Platform】

今日は、GCP(Google Cloud Platform)に構築したブログを、Search Console(サーチコンソール)に登録する方法をご説明しよう。

サーチコンソールって?
Search Consoleに登録すれば、あなたのブログがどれだけ検索されているのか、どんなキーワードで何位に表示されているのか、など、SEOに欠かせない情報が手に入る。意外と知られていないツールが、Google自らが提供しているし、なおかつ無料なので、使わないなんてありえないぞ。

くますた

ちなみに、Search Consoleは通称サチコと呼ばれている。

サチコへの登録手順は大きく2ステップだ。

  1. サーチコンソールでTXTレコードを取得
  2. 取得したTXTレコードをGCPで入力
  3. サーチコンソールで確認手続き

サーチコンソールでTXTレコードを取得

まずはSearch Console(サーチコンソール)で”TXTレコード”を取得する。

[今すぐ開始]ボタンを押すとGoogleアカウントへのログインを求められる。メールアドレスとパスワードを入力して[ログイン]ボタンを押す。

 

左側にある「ドメイン」に、あなたのブログのドメインを入力して、[続行]ボタンを押す。

MEMO
httpやhttpsなどは必要ない。

 

すると「google-site-verification=●●●●」と書かれたTXTレコードが表示されるので、これをコピーしておく。

くますた

この画面はあとで使うので、閉じずにそのままにしておこう。

 

取得したTXTレコードをGCPに設定する

続いて、コピーしたTXTレコードをGCP(Google Cloud Platform)に設定していく。

 

左上の[三]ボタン→[ネットワークサービス][Cloud DNS]の順番で押し、

構築したブログが割り当てられているゾーンをクリックする。DNS名あたりがブログのドメインになっていると思う。

 

[レコードセットを追加]→を押す。

 

レコードセットの作成画面の手順はこうだ。

  1. “リソースレコードのタイプ”を「TXT」に変更
  2. “TXTデータ”にサチコで取得したコードを貼りつけ
  3. [作成]ボタンを押す

 

くますた

GCP(Google Cloud Platform)での作業はこれで終わりだ。Search Consoleに戻ってくれ。

サーチコンソールで確認手続き

それでは、Search Console(サーチコンソール)で確認手続きを行おう。

 

TXTレコードを取得した画面右下の[作成]ボタンを押す。
3~5秒ほどすると、「所有権を確認しました」というメッセージが表示されるので、[作成]ボタンを押して終了だ。

くますた

これで、GCP(Google Cloud Platform)に構築したブログをSearch Console(サーチコンソール)に登録できた。
情報がたまるまでは2~3日かかるので、気長に待とう。
error: