『しろくまフリーランス』は、現役フリーランス運営の「個人を豊かにする情報発信メディア」です。

Site KitのWordPress導入手順【サーチコンソール・Googleアナリティクスとの連携方法】

【完全版】Site Kit by Googleの導入・設定・使い方を解説

2019年10月31日(木)、WordPressで『Site Kit by Google』が正式に使えるようになった。
これまでも『Site Kit by Google』を使えたのだが、開発版として動作保証がされておらず初心者にはハードルが高かった。

今回はGoogleが正式に「WordPressでSite Kitが使えるようになったよ!」とリリースしてくれたので、安心して使ってみてほしい。

Site Kit by Googleのメリット・デメリット

メリット

  1. アナリティクス、サーチコンソール、PageSpeed InsightsをWordPressの管理画面でみれる
  2. Googleの無料ツールと連携できる

デメリット

  1. プラグインが増える(動作が重くなるかも)
  2. 日本語化されていない
  3. 細かくみるなら結局それぞれサービスにアクセスしないといけない

 

Site Kit by Googleの導入方法

STEP.1
Site Kit by Googleをインストールする
公式サイトからプラグインファイルをダウンロードし、WordPressブログにインストールしよう。
STEP.2
サーチコンソールと連携する
Search Console(サーチコンソール)との連携手順について解説する。
STEP.3
Googleアナリティクスと連携する
アナリティクスはアクセス状況を確認できる無料ツール。利用頻度が高いのでWordPressダッシュボードからいつでも見れるのは便利だ。
STEP.4
PageSpeed Insightsと連携する
PageSpeed Insightsはページの表示速度を点数付けしてくれるGoogleの無料ツール。表示速度が遅いと読者が離脱してしまうので、常にアクセス状況と同じくらいチェックが必要だぞ。

Site Kit by Googleのインストール

まずは導入方法からご説明する。
Site Kitの公式サイトにアクセスし、プラグインをダウンロードする。
(ダウンロードしたZipファイルは開かない)

【完全版】Site Kit by Googleの導入・設定・使い方を解説

注意
Site KitプラグインはWordPressのプラグイン検索画面では出てこない。

続いて、ダウンロードしたZipファイルをWordPressブログにインストールする。

WordPressブログの管理画面より、[プラグイン][プラグインのアップロード]の順でクリックし、Zipファイルをアップロードする。

【完全版】Site Kit by Googleの導入・設定・使い方を解説

続いて、[今すぐインストール]をクリックしてインストールを行う。

【完全版】Site Kit by Googleの導入・設定・使い方を解説

最後に、[プラグインを有効化]をクリックすれば完了だ。

【完全版】Site Kit by Googleの導入・設定・使い方を解説

Congratulation, the Site Kit plugin is now activated.
(おめでとう、Site Kitプラグインは有効化された。)

というメッセージが表示されれば、インストールの完了だ。

Site Kitの初期設定

サーチコンソールとの連携

はじめにSearch Console(サーチコンソール)から連携していく。

Site Kitのダッシュボードにある[START SETUP]をクリックし、初期設定を開始しよう。

SIte KitはGoogleアカウントとの連携によって動作するので、[Sign in with Google]をクリックしてGoogleアカウントでログインする。

【完全版】Site Kit by Googleの導入・設定・使い方を解説

GoogleアカウントのIDとパスワードを入力したら、2回ほど小さなポップアップが表示される。
どちらも[許可]をクリックすればOKだ。

【完全版】Site Kit by Googleの導入・設定・使い方を解説「選択内容を確認してください」というメッセージが表示されたら、また[許可]をクリックする。

【完全版】Site Kit by Googleの導入・設定・使い方を解説

続いて、以下3点を許可する。

  • Verify site ownership → [Proceed]
  • Allow ドメイン to access Google Account data → [Allow]
  • Set up Search Console → [Add site]

【完全版】Site Kit by Googleの導入・設定・使い方を解説

最後に、[Go to my Dashboard]をクリックして完了だ。

【完全版】Site Kit by Googleの導入・設定・使い方を解説

Googleアナリティクスとの連携手順

Search Console(サーチコンソール)との連携が完了したら、今度はGoogleアナリティクスを連携していこう。

Site KitダッシュボードからAnalitycsの[Connect Sercive]をクリックしよう。

Site KitとGoogleアナリティクスの連携

Googleアカウントのログインを求められるので、Googlaアナリティクスを設定したGoogleアカウントでログインする。

ちなみに、Googleアナリティクスの設定方法は以下記事で図解しているので、必要に応じてご参考いただきたい。

【図解】GoogleアナリティクスをWordpressブログに導入しよう【初心者向け】【図解】GoogleアナリティクスをWordPressブログに導入しよう【初心者向け】

いくつかポップアップが出てくるので、全部[許可]していこう。

Site KitとGoogleアナリティクスの連携

「選択内容を確認してください」というメッセージ画面では[許可]をクリックする。

Site KitとGoogleアナリティクスの連携

自動的にWordPressブログのSite Kitダッシュボードに戻るので、[CONFIGURE ANALITYCS]をクリックし、次のメッセージが出れば完了だ。

Congrats on completing the setup for Analytics!
(アナリティクスのセットアップが完了した、おめでとう)

PageSpeed Insightsとの連携手順

ここまででSearch Console(サーチコンソール)、Googleアナリティクスとの連携が完了したSite Kitだが、実はPageSpeed Insightとも連携できる。1クリックで完了するので対応しておこう。

くますた

PageSpeed Insightは、サイトの表示速度をチェックできるGoogleの無料ツール。表示スピードはユーザー体験に関わる大切な要素で、SEOにも間接的に影響するため、チェックが欠かせない要素だ。

WordPressブログのSite Kitダッシュボードから、「PageSpeed Insights」の下にある[Connect Service]をクリックしよう。
すると自動的に連携が完了するので、特に作業は必要ない。

Site Kit by GooleとPageSpeed Insightsとの連携手順

error: